中学3年生クラス

集団指導+個別指導のハイブリッド指導

宮﨑教室の指導スタイルは、10名程度の少人数よる集団指導と、生徒個々の学習の様子にあわせたカリキュラムによる個別指導を組み合わせたハイブリッド指導です。仲間通しの競い合い、励まし合いは集団指導の良い点です。また、生徒への教科指導歴40年になる塾長がすべての教科の指導をおこなうことも、他のどんな塾にも負けない特長になります。同時に“Super学習システム”を利用して、生徒ひとりひとりの理解にあわせたプリントを作成し、わかるまでとことん個別に指導をしていくスタイルは他のどんな塾にもまねのできないものです。「個別よりもずっと個別」という指導をしっかりとおこなっていく。それがmiyajukuのハイブリッド指導です。

授業日
 一斉指導 土曜日 19時〜21時30分 (英、数、国、社、理)
      第4週はENAGEEDの授業のため18時〜
 個別指導日 水曜日 19時〜21時30分(英・数・国)
       希望曜日 18時30分〜19時50分 or 19時55分〜21時45分(理・社)

 ※  個別指導は水曜日が固定で、もう1日は部活などの都合で個々に選択制となります。
 ※  「家スタディシステム」としてBITCAMPUSのIDを個々に発行します。
 ※  作文添削とENAGEEDは必修です。
 ※  特色検査対策は選択制です。
 ※  定期試験対策は各中学の定期試験直前の日曜日を利用しておこないます。

☆宮崎教室では公立高校入試にしっかりと取り組んでいます。☆

神奈川県の高校入試は大きく変わっています。2020年に予定されている大学入試改革を先取りしたような出題が圧倒的に増えました。難易度も上がり、数学や社会では、全県平均点が100点満点で40点前後という難しさです。単に知識の量を問うのではなく、どうして、なぜ、といった思考過程を問う出題が多くなっています。また、複線的な出題も増え、英語のリスニングを聞き、英文の問題に対して英作文する、などといった出題もあります。こうした入試問題に対しては、学校の定期試験対策とはまったく別の学習が必要となります。学校の定期試験対策は「範囲のある単元」の「基本事項の反復学習」が最も大切となります。それに対して県高校入試対策は「中学校の学習すべての単元」の「応用的な問題への学習」が要求されるのです。付け刃ではない学力の養成。そのことをつねに意識した指導が学習塾に求められています。さらに面接をふくめて合否予想は難しくなっています。miyajukuでは、県の私塾協同組合などを通じて最新の入試情報を手に入れ、また積極的に各高校に足を運び、直接周辺の県立高校の学校長に話をうかがうなどして情報収集に力を入れています。どんな大手塾にも負けない情報量と30年間の塾長の進路指導経験で、生徒の進路を確実に切り開いていきます。

「宮崎教室」では積極的にICTを利用した学習を進めています。

自宅学習をサポート

「宮崎教室」では、BITCAMPUSというWeb教材を自宅学習に取り入れています。通塾しなくてもしっかりと家庭学習をサポートする環境をお届けします。このシステムは中3生は必修とし、定期試験対策、入試対策に絶大な効果を上げています。

Super学習システム

Super学習システムメビウスは検査システムです。 人間ドックに入って身体の悪いところをチェックするように、メビウスは生徒ひとりひとりの「つまずき」を発見し、それを克服するための「弱点対策」を実施していくシステムです。発見テストは全員が同じ問題でも、その後の弱点対策問題は数万題というデータベースからシステムが自動編集して個々に出題していきます。まさに個人指導です。 

オンライン英会話“オレコ”

英語の学習は「読み、書き、聞き、話す」という4技能重視に変わっています。オンライン英会話“オレコ”は、学校の進度に合わせて、授業で学んだ内容をすぐにネイティブの先生と1対1で使っていく、というものです。過去形を学んだら、その文型を使った英文をネイティブスピーカーとすぐにやりとりできる時間を持てるということです。インプットだけではなく、アウトプットを重視することで、英語を学ぶモチベーションを高めていく効果もあります。耳で聞き、頭で英文を理解し、それを話していくことで、4技能の習得を目指していきます。

宮崎教室 はこんな塾です

  • わかるまでとことんやろう が授業の方針です
  • 進学指導は高校とのパイプも太く完璧です 進路指導は任せてください
  • ご父母のスマホに入退出を自動送信するセキュリティシステム
  • 各種検定試験の会場校です もちろん対策指導もおこないます
  • 試験前には土曜日、日曜日などに特別授業が組まれます 
  • 一斉指導+個別指導のハイブリッド指導になります。電子黒板が特長です
  • オリジナルの教材が自慢です。ネット配信の授業も自作しています

過去5年間の実績(すべて進学校です)

【県立高校】

厚木高校/2名 川和高校/2名 希望ヶ丘高校/1名 大和高校/3名 横浜平沼高校/1名 秦野高校/2名 鎌倉高校/1名 松陽高校/2名 海老名高校/4名 座間高校/4名 百合ヶ丘高校/1名 麻溝台高校/1名 弥栄高校/4名 神奈川総合産業高校/1名 大和西高校/4名 湘南台高校/1名 川崎橘高校高校/1名 藤沢清流高校/1名 荏田高校/3名 厚木東高校/1名 川崎北高校/1名 二俣川看護衛生高校/2名

【私立高校】

駒澤大付高校/1名 佼正学園高校/1名 日大藤沢高校/2名 日大桜丘高校/1名 桜美林高校/2名 立花学園高校/2名 藤沢翔陵高校/1名 鎌倉学園高校/1名 相模女子大付高校/1名 玉川聖学院高校/1名

《宮崎教室の先生》

  • 宮崎 智樹(早稲田大学卒。公立中、私立高での教師歴8年。当教室を立ち上げて31年。)
  • 小林 公介(神奈川大学卒。高校生の英語を中心に指導。わかりやすい授業は定評あり。)
  • 永桶 隆雄(北海道大卒。高校生の数学、理科を中心に指導。丁寧な授業は定評あり。)
  • 児玉 晃  (東海大学大学院卒。元大手企業にてプログラマーとして勤務。塾のIT関連のメンテも。)
  • 井口祐介(首都大学東京大学院) 島田健吾(神奈川大学大学院) 前崎壮真(中央大学)

塾長からのメッセージ

「一人一人に一生懸命」それが「宮崎教室」の指導方針です。そして、そのことが当教室の最大の特長でもあります。大手の塾には絶対に真似のできない、子供と教師の距離の近さがこうした指導を可能にしています。32年間の指導の中で、小学5年生から高校3年生まで、8年間も当教室で学ぶ生徒が何人もいることが、そうした指導を証明していると思います。学習面だけではなく、進路面、生活面、とどんなことでも相談できる。そんな教師と生徒の人間関係を作ることによってはじめて、学習指導の上での大きな効果が期待できるのではないでしょうか。ですから、当教室は1学年10名程度の生徒しか募集しません。その10名の生徒の希望をかなえてあげられるよう、毎日の指導を徹底的に行うことが私の限界だからです。子供の学習への要求は一様ではありません。一人一人の子供の「こころ」と向き合い、その声に耳を傾けていくこと、それが私たちの使命だと考えています。また、高校進学に際しても、各高校とのパイプを太くするように日常から努力をしています。一人一人に合った進学先を見つけてあげ、その進学先に進むために精一杯後押しができるよう、体制を整えています。大手の塾とは一味違う高校とのつながりも入塾していただければ実感してもらえることと思います。神奈川県の公立高校の入試では、学校成績のアップだけでなく、入試問題をしっかりと解ける実力の養成が求められます。さらに来春入試では、進学重点校だけでなく進学重点エントリー校でも「特色検査」が導入され、それにともなって準トップ校の難易度アップも予想されます。いろんな意味で2020年春の入試は大きく動くことになります。ぜひ一度教室を訪れてお話をお聞きください。