川和高校が新たに進学重点校に指定される

進学重点校、進学重点エントリー校について、県教委から23日に発表がありました。

1 新たに川和高校を令和3年度から進学重点校に指定する。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/prs/r3246020.html

2 新たに「横浜国際高校」を進学重点エントリー校に指定する。

https://www.pref.kanagawa.jp/docs/dc4/prs/r5753403.html

川和高校の進学重点校への格上げは、来春入試にも大きく影響すると思います。エントリー校の中でも頭ひとつ抜き出た進学実績があり、それも厚木や柏陽とも並ぶようなものでした。進学重点校への指定は当然のことです。

川和高校の入試は、毎年かなりの倍率が出る激戦です。来春入試でも厳しい闘いになるはずです。そうした中での進学重点校への指定です。受験生たちのモチベーションアップは間違いありません。高倍率になっても志願変更をせずに勝負していく制とも増えるでしょう。

また、川和高校が激戦になると、周辺校への影響も大きいです。とくに大和高校は、川和高校の激戦を嫌って受験してくる生徒がもともとたくさんいました。来春入試でもさらにそれに拍車がかかりそうです。市が尾高校、海老名高校、座間高校などの2番手校にも影響があるでしょう。

ただし、受験生はやるべきことをしっかりと進めていくだけです。この時期にこうしたことをあれこれと考えることは意味がないです。

進学重点校は、教員も増員され、様々に教育環境も整備されます。神奈川県の高校の先頭に立っていく学校としての指定です。地域的にも5校はバラバラですし、その特色も5校とも異なっています。中2生以下の生徒たちは、この5校を目指してしっかりと学習をしていきましょう。