「一人一人に一生懸命」それが「宮崎教室」の指導方針です。そして、そのことが当教室の最大の特長でもあります。大手の塾には絶対に真似のできない、子供と教師の距離の近さがこうした指導を可能にしています。32年間の指導の中で、小学5年生から高校3年生まで、8年間も当教室で学ぶ生徒が何人もいることが、そうした指導を証明していると思います。学習面だけではなく、進路面、生活面、とどんなことでも相談できる。そんな教師と生徒の人間関係を作ることによってはじめて、学習指導の上での大きな効果が期待できるのではないでしょうか。ですから、当教室は1学年10名程度の生徒しか募集しません。その10名の生徒の希望をかなえてあげられるよう、毎日の指導を徹底的に行うことが私の限界だからです。子供の学習への要求は一様ではありません。一人一人の子供の「こころ」と向き合い、その声に耳を傾けていくこと、それが私たちの使命だと考えています。

受験の時期には1日に5,000アクセスがある大学受験、高校受験、中学受験の情報がいっぱいのホームページです。また、学習のしかた、子育てのこと、今時の教育の話題など、小中高生のお子さんをお持ちの保護者の方に役立つような記事も豊富です。

miyajukuのHomePageへ

小学生

公立中学に進学予定の小学生

私立中学入試をしないからといって、学習面を学校任せにしておいていいでしょうか。実際、今の子供たちは、予想以上に勉強のしかたを知りません。「ノートのとり方」「授業の聞き方」「わからない問題の解決方法」「辞書の引き方」等々、学習していく上での基本的な習慣が身についていないのです。国語の問題であれば、「本文から抜き出しなさい」「一文で答えなさい」「本文中の語句を使って答えなさい」等の質問に対する答え方を身につけている生徒は本当にわずかでしかないのです。当教室では、小中一貫教育の観点から、中学に進学の後飛躍できる基礎学力と、基本的な学習習慣を身につけさせることに全力をそそぎます。

私立中学受験を予定してている小学生

算数は「割合と速さ」「計算の約束」「面積と体積」といった小5範囲を中心に、演習量を多くとって今までやってきた学習内容の定着をはかることを目標とします。国語は「漢字の知識(同音異義語・音読み、訓読み・部首)」「伝記、脚本の読解」「説明文の読解」「物語文の読解」といつも以上に一問に時間をかけてじっくりと取り組んで行く予定です。そろそろ“自分”を意識した学習をはじめるときです。“自分”にとって不得手な分野はどこなのか、得意な分野はどこなのか、そんなことも少しずつ意識し、学習にもメリハリをつけていくことが出来るよう。そんなきっかけにこの冬期講習がなるように指導をしていきたいと考えています。私立中学受験のクラスについてはお問い合わせいただき学習相談からスタートしてください。

2019冬期講習小学生の詳細ページへ

中学生

神奈川県の入試が大きく変わっています。思考力を問う新傾向の問題の出題。全員に面接を課す。100点満点×5教科。とくに入試問題の難易度アップは大きく、この春の県入試社会の全県平均点は100点満点で42.5点でしかありません。さらに厚木高校、大和高校など進学重点校と重点エントリー校には「特色検査」が課せられます。ただ、現段階ではっきりしているのは、中2の3学期の成績は「公立高校入試」の合否の判断材料にされることだということです。また、私立高校の推薦入試でも中2の3学期成績を参考にする学校もあります。さらに、中2範囲の学習があやふやでは、中3範囲の学習はおぼつかなくなってしまいます。この冬休み、来年の高校進学を突破するために何をすべきなのか。当教室ではその解答として、3学期範囲の徹底予習を提案します。いろいろな意味で難しくなってきている各教科の内容を、短期間の中で出来るかぎり効率よくまとめていく。そんな8日間にします。そうすることが、2月の学年末試験での成績アップ、志望高校合格につながるもっとも良い手段だと考えます。

2019冬の講習中学生の詳細ページへ

高校生

miyajukuの高等部は、授業を提供するだけでなく、生徒一人ひとりの受験戦略を作成し、それに向かって学習管理を行います。個別授業や映像授業を提供しながら、その生徒の毎日、毎週、毎月の勉強を管理し、いつでも質問でき勉強できる環境を整えることで授業以外の時間の勉強の質を最大化し、成績アップ、志望校合格を実現していきます。高校受験と違い、大学受験は、指定校推薦、AO入試、センター利用入試、一般入試と多様です。入試制度も入試問題も、受験する大学、学部ごとにちがいます。そうした様々な要求にしっかりと応える仕組みがmiyajukuの高等部「コンパスポート」です。何よりも大学受験に精緻miyajuku塾長のサポートを受けられること。それが最大の特長でもあります。2020年の入試改革にともなう混乱を間違いない情報のもと乗り切ることができるはずです。高校生のクラスについてはお問い合わせいただき学習相談からスタートしてください。

【お問い合わせフォーマット】

miyajukuのHomePageへ