横浜創英

今日も朝から「横浜創英中学・高等学校」の説明会に足を運んできた。初めて足を運ぶのだが、京浜急行の子安の駅から10分ほどのはずなのに、道に迷って30分もかかってしまった。土地勘の全くない町は事前に地図等で確認をしておくべきだったm(_ _)m

今日の説明会は主に中学校のものだった。どこの私立中学でもそうだが、とにかく学校が一つになってシステム作りに励んでいる。横浜創英でも、「QUテスト」だの「PICカード」だのと、システム作りに一所懸命のようだった。すべてを担当の教師の力量に背負わせるのでなく、組織として生徒への指導に取り組んでいくことは大切だと思う。そういった意味では、こうした取り組みは大切なのだろう。

説明会に伺ったときは必ず授業見学もさせていただいている。今日は中1から中3までの授業を参観した。しっかりとした授業態度で集中して授業を受けていた。生徒担当の先生が、「うちでは試験範囲も口頭で伝えて生徒に筆記させます。そうしたことを積み重ねることで、しっかりと授業を聞く姿勢を養っています。」

良い言葉だった。