来年度公立高校入試の各校ごとの「内申:入試:面接」の割合

多分、多くの学習塾関係者もお読みのこのblogかと思います。以下の情報は、すでにmiyajukuの中3生保護者の方。私塾協同組合の加盟塾にはお伝えしましたので、わざわざblogに書く必要もないのですが・・ 

とりあえず今回は書いておきます。今後は、miyajukuのHomePageに鍵つきで重要な情報はアップするつもりです。情報はただではありませんので。というよりも、こうした情報収集も塾の価値を決める大切な要素ですから。大切な情報は授業料をいただいている塾生の保護者の方のためのものです。

先日、相模原青陵高校が、来年度入試の「内申:入試:面接」の割合を「6;2;2」にするという情報が伝わってきました。各校の「内申:入試:面接」の割合は7月に発表される、いや、9月になる、と情報が錯綜する中でのことでした。

その後、関係各位に問い合わせたところ、県教委としては6月9日に横浜のパシフィコで開かれる「全公立展」にあわせてすべての高校の詳細を発表する予定のようです。もしかすると6月9日よりも早い段階で、県教委のホームページなどに一斉にアップされるかもしれません。いずれにしても、6月の早い段階で、冊子にした全県の高校別の「内申:入試:面接」の割合が受験生の手元に配られそうです。

とりあえず一安心です。この「内申:入試:面接」の割合がわからないと対策のとりようもないですから。

6月9日の全公立展。中3生は親子で出かけられた方が良いでしょう。