久しぶりに「今時の就活」

しばらく「今時の就活シリーズ」の記事を書いていませんでした。それどころではなく私が新学期の準備に忙しくしていた所為でもあるのですがひよこ

今年の就活はかなり後ろにずれ込んでいるようです。いつもの年であれば、この時期には二次面接、三次面接と進んでいる企業も多いのですが、今年はまだES(エントリーシート)の受付中、なんて企業が多く、実質的な採用試験は4月になってから、という流れになっているようです。

そんな中、こんなニュースが飛び込んできて我が家の娘は m(_ _)m といった状態でした。まぁ、はっきりと書けないのですが、いきなりこれはないでしょ、といったところです。既得権を守ることに汲々として次代の若者を切り捨てる政策、といってもいいでしょう。このニュースを見てから、私も消費増税に反対の立場を明確にすることにしました。

いずれにしても娘はちょっと方針転換して、あまりたくさんの民間企業にエントリーしてこなかったのを、急遽、業種を広げてエントリーをしているところです。そんなこんなで、帰宅すると娘の後方支援ということで就活大作戦をしています。まぁ、私自身がこんな仕事をしていますので、出来る範囲の中で手助けしようということです。自分の仕事のためにもなりますから。

エントリーシートというのは本当に奥深いです。これについてはまたの機会に書かせてもらいます。

それにしても、就活というのは消耗戦です。世の中のお父さん、お母さん。高校入試や大学入試なんてものではないですよ。しかも、子供自身のチカラだけで乗り越えていくしかない。まわりはあくまでも後方支援が出来るだけ。大学3年次に「しっかりとした自分」を作り上げていないと就活はゼッタイに乗り越えられない。

子供の教育の目標点のひとつを大学3年次におき、そこから逆算して「今何を子供にさせるべきか」といった発想を是非とも持つべきです。新高1生にはよく言うのですが、たった5年経つと就活がスタートする。その5年間で「闘える自分」を作り上げていかなければいけないんだ。これが私の実感です。

さて、我が家はしばらくピリピリした状態が続きます(^_^;)