上位私立大学への合格力

ちょっと大きな画像になってしまいますが、安田教育研究所による「上位私立大学への合格力」の一覧です。

上位私立大学への合格力

この表は、神奈川県の県立、私立高校から「上位私立大学」へどのぐらいのバーセントの生徒が合格出来ているかの一覧です。上位私立大学とは「早慶上理+GMARCH+日東駒専」となっています。これらの私立大学に合格した件数を卒業生の総数で割った合格率の高い順に並べてあります。(聖セシリア中高でいただいた資料なのでその部分が黄色く塗ってあります)

もちろん、上位私立大学はこれらの大学だけではありません。とくに医歯薬系の大学が抜けています。ですから、大胆な割り切りをしてまとめたものには違いありません。そのことを前提にして見て下さい。それでも、いろんなことが見えてくる表です。

特に県立高校と私立高校の位置関係がよくわかります。

県立高校を第一志望とする場合の私立の併願校をどこにするか。自分が志望している県立高校の周辺にある私立高校を探せばその指針となります。厚木、川和であれば、山手、鎌学、桐光あたりか。湘南台と鵠沼はほぼ同じ位置で、これらの大学への進学率は20%ぐらいなんだ、といった具合です。ただし、併願を受け付けていない私立校もあるのであくまで目安です。

また、中学受験を考えている方は、その私立中学の位置を県立高校との比較で知ることが可能です。自修館の位置は大和や相模大野と同じあたりだ、横浜富士見は大和西と同レベルなんだなぁ、なんてことがわかります。

興味深い表です。高校選びのひとつの手がかりにしてみて下さい。