2013年周辺公立高校大学進学実績 中堅校

周辺高校からの今春大学入試実績です。今回は「首都圏中堅校」ということで「成蹊、成城、武蔵、明治学院、東京都私大」を一つのグループとし、いわゆる「日東駒専」とよばれる「日大、東洋、駒澤、専修」を一つのグループとしてまとめてみました。

中堅校

成蹊、成城、武蔵、明治学院、東京都市大というのは、全国区の大学ではありませんが首都圏ではそれなりの難易度の大学です。学部数も少なく小さな大学ですが、それぞれが特徴あるしっかりとした教育をおこなっていて、こぢんまりとして個性の強い大学です。中でも明治学院と東京都市大はほぼ地元大学で志願者数もそれなりに多く、上位高校からもかなりの人数が進学しています。日東駒専というのは総合大学で大規模な大学です。入学者も多く、全国から学生が集まってきます。

正直、このラインを下回ってしまうと入試そのものがおこなわれているかもあやしいのが実際です。首都圏の大学の5校に3校は定員を割っている現状では、このラインの大学を下回ると「ほぼ全入近い」というのが現実です。言い方は難しいですが、ここまでの大学にどれだけの生徒が進学できているか、というのが高校を評価する際の大きな基準と言ってもよいかと思います。具体的な高校名をあげてしまうと問題なのであげませんが、表を見ていただけば一目瞭然のはずです。座△と大△西では差があるよ、と私がいう意味がおわかりりなるでしょう。

高校入学時の「差」は結果的には高校では埋まることはなく、かえって大きく開いていってしまうのです。何度も言っていることですが、周りの友達の意識の「差」がそのまま集団の「差」になっているのです。こればかりは高校の先生や高校側の努力でどうすることもできないことです。人はある流れにのってしまうと、その流れから出ることはなかなかできません。ましてや高校生です。学校の周りの友達が世界のすべてです。良い流れに乗れるようにしたいですね。