2013年国公立大学進学実績私立高校編

私立進学実績国公立

周辺私立高校の2013年春国公立大学進学実績です。

中高一貫の難関校はさすがです。聖光学院、栄光学園、浅野高校、桐蔭中等は東大合格者も多い一貫校です。一貫校でも高校からも募集をする桐光学園、桐蔭学園、山手学院は東大の数こそ少ないものの、横国大、横浜市大、首都大などの進学者がかなりの数になっています。いずれにしても、このレベルまでの私立高校はさすがの実績です。

ただ、このラインを下回ると国公立大への進学はなかなか難しいようです。日大三、桜美林など、中学からも高校からも募集をする学校ですが、県立高校の準トップ校と同じような実績となっています。私立中学受験ではそれなりの難関校となる森村学園の実績を考えると、そのまま公立中学に進学し、県立のトップ校を目指すという選択もありなのかなぁ、と思わされます。もちろん、湘南、翠嵐などに行けたらば、ということになりますが。

逆に自修館中等の結果はわずかな数ですが、入学時のこどもたちの偏差値から考えると、学校が6年間でいかに鍛えているかがわかる実績です。湘南学園、横浜隼人、日大藤沢などもそうした意味で良い結果が出ていると言えるのではないでしょうか。私立校を選択する際はいろいろな意味で「割り切り」が必要となるということです。