中学受験をしない小学生の学力の低下は目をおおうばかりです。学力の低下ばかりでなく、勉強の仕方さえきちんと身につけていない児童がますます増えつつあるように感じます。

例えば、間違えた漢字を練習させると、四字の熟語なのに間違えた一字だけを練習する。算数の問題では式は書かないし、計算も余白でやって消してしまう。答えを間違えると誤った答えを消しゴムで消し、正答を書いて終わりにしてしまう。黒板に書いたものも、教師が「書きなさい」といわないかぎり、書こうとしない。ノートの取り方も、後で見てわかりやすいように書こうという工夫などは全くなく、問題をやらせてもその問題のページや問題番号さえ書けない。あげればきりがないほど、基本的な学習の仕方を学ばないまま小学校を終えてしまう児童が大多数なのが現状です。

果たしてこのまま中学に進学して、「自らの勉強のスタイル」をもてるようになるのでしょうか。中学に進学してから、「うちの子は勉強しなくて」と言ってみても、「勉強の仕方」さえ知らないまま中学生になったのであれば仕方がないことかもしれません。今の小学校では、「ノートの取り方」「漢字の練習の仕方」「算数の問題では計算を間違えたのか、式のたてかたが誤ったのかをわかるようにする」などといった当たり前の学習の仕方を教えてはくれないのです。ましてや、漢字のテストや計算のテストを定期的に行って、出来なかった分野は宿題にして、などという指導はほとんど行われていません。

こうした現状を考えてみると、学習塾が担わなければいけないことがはっきりとしてきます。

学習スタイルの確立

例えば算数では「計算ノート」を一冊別に持たせ、問題ページや問題番号を明記するくせをつけさせる。また、常に「後で見てわかるノートの取り方」を意識させ、「ノートを取ることの意味」を身につけさせる。

メリハリのきいた学習

例えば算数では「割合」の分野が中学進学後おおきな学習ポイントになる。この「割合」の考え方が理解できないまま数学の学習に苦しむ生徒は多い。したがって、中学進学後に重要になる単元についてはとくに注意をはらって丁寧に学習させる。

学校の学習を中心としてそれを深めていく

中学入試をしない生徒たちにとってはやはり学校での学習が勉強の中心になる。したがって、学校での学習内容の徹底的な理解が当教室での学習のテーマとなる。しかし、教科書の学習だけでは、足りない部分もたくさんある。例えば算数の問題練習など教科書の問題だけでは足りないのは一目瞭然だ。教科書の内容を越えず、その反復練習となるような教材を準備して補っていく。

このような具体的な指導方針のもと、中学進学後の学習の下準備をあらゆる面でおこなわせていくことが当教室の小学部についての考え方となります。また、学期末には「全国模試」を実施し、絶対評価でわかりにくくなってしまった生徒個々の実力をしっかりと把握できるようにします。何が問題点なのかを数値で示すことによって、具体的な対応ができるようにすることが模試の目的になります。

特徴

週0コマ(通わない塾クラス)〜週4コマまで、受講したい教科、コンテンツや受講したい時間を選択して受講できるようになっています。

学校の「算数」「国語」の教科書内容を学習していくクラスです。塾長自らが授業のほとんどを担当し、授業の聞き方、ノートの取り方、宿題のやりかた、問題の解き方、等々、今後の学習の基礎づくりを目標とします。「算数」の授業には集団形式の授業だけでなく、個別形式の授業形式も取り入れて個々の能力に合わせた指導をおこないます。「国語」の授業では文部省認定漢字検定試験の7級or6級の合格を、「算数」の授業でも数学検定試験の7級or6級を目指した指導を行っていきます。

「小学生のうちに学習の仕方をしっかりと学び、また、学力の上でも小学校の教科書内容をベースとしてさらに応用的な学習まで挑戦していくことのできる姿勢を身につける」ということです。したがって、算数、国語とも2通りのテキストを渡しています。ひとつは教科書内容の学習を定着させるための準拠ワーク。もう一冊は、発展的な学習を進めていくためのものです。前者は「国語は教科書ワーク、算数は算数トレーニング」で、後者は「国語はピラミッド問題集、算数は小学ウィンパス」というものです。一度、お手にとってめくっていただければ幸いです。学習進度はおおむね小学校での単元学習の進度に合わせて進めていきます。

授業日・授業料

授業日

小6クラス

算数 火曜 5時45分〜6時55分

国語 金曜 5時45分〜6時55分

英語 水曜 4時30分 or 5時30分

小5クラス

算数 火曜 4時30分〜5時40分

国語 金曜 4時30分〜5時40分

英語 曜日、時間 自由選択制

家スタディ

家スタディとは、家にいてもネット上での映像授業やドリル演習ができる形態のクラスです。iPadかPC(WinでもMacでも可)でmiyajukuポータルサイトにアクセスし、各自に割り当てられたIDとパスワードを入力することで利用できます。1つのIDで、算数・国語・理科・社会・読む蔵、Bitcampusのすべての教科に対応しています。

授業料

国語クラス、算数クラス 1教科/3,000円 2教科/5,000円

(必修)家スタディ ID使用料 4,500円/月

教材費/学期諸費用 1学期 2,000円 2学期 2,000円 3学期 2,000円

(学期諸費用には教材費・学年末テスト代・暖冷房費を含みます。各検定試験、講習費は別途請求となります。)