保護者会での皆さんの感想の一部です

昨日の保護者会には、第1部に21名、第2部に32名の方の出席をいただきました。暑い中、お忙しい中をありがとうございました。以下、皆さまの感想の一部です。

第1部 今春高校入試の分析と周辺高校の様子

☆ 詳しい情報が盛りだくさんでありがたかったです。
☆ 学校成績、入試、面接の比率が学校ごとに違い、その割合に注目して学校選びをという話しは目からウロコでした。
☆ 偏差値だけで学校を選ぼうと考えていましたが、S値の比率の重要性に気づきました。
☆ 何度か参加させていただいてますが、いよいよ受験の年になってやっと話しの内容が理解できるようになりました。
☆ 説明、スライドともに大変わかりやすかったです。
☆ 学校選びの基準をどこにおくべきかがよくわかりました。
☆ 記述が減ったのに問題の難易度が上がっていることが不思議でした。また、学校の特長を話していただけてイメージがつかめました。
☆ 高校の決め方がよくわかりました。
☆ 面接では部活動の結果などは評価されず、将来のことだけが評価されるというお話にはびっくりでした。

第2部 激変する子どもたちを取り巻く教育の様子についてわかりやすく説明します

☆ これからの大学入試では「なにが求められるのか」がよくわかりました。
☆ 全く新しい情報ばかりでびっくりしています。
☆ 漠然としていた2020年以降の大学受験の様子が少しは理解できるようになりました。
☆ 勉強だけでなく様々なことを求められる大変な時代なのだなと、と同時にそうしたことに取り組むタフさや粘り強さを身につけさせないとダメだなと思いました。
☆ ものすごい勢いで子どもたちを取り巻く環境が変化しているのだとわかりました。その中をわが子がついていけるのかが不安です。
☆ 高校受験と大学受験をリンクさせて考えていく必要を感じました。
☆ 親として子どもになにがしてあげられるのか。日々の中でできることを知りたいと思いました。
☆ 今日の内容は、職場でわたしが感じていることと同じでした。これからの仕事の変化についてイメージできて良かったです。
☆ ポートフォリオについては初めて聞きました。とても興味深かったです。
☆ 個のアピール力を身につけさせねばと思いました。
☆ まだ先のことだと思っていましたが、親も新しい時代に求められる人材について知っておく必要があるんだな、と思わされました。
☆ なにも考えないで、たとえば部活だけに注力していると、ポートフォリオに書けることも限定的なものになってしまう、と思いました。