夏の講習前半の最終日です

夏の講習前半の最終日です。

受験クラスの小学生と中学生の「まとめテスト」です。

中1生と中2生は、1学期範囲までの内容でのテストになります。全国順位と偏差値の出るテストです。簡易的ですが志望校判定も出します。学校の成績が絶対評価になり、子どもたちは相対的な評価に慣れていません。

人と比べてはいけない、というのはある意味で正しいですが、学習の上ではちょっと違います。自分なりに理解を深めていくことと、相対的な評価の中で自分の位置を知ることは同時並行で進めていくべきことです。

高校入試は「競争」です。入試ですから、合格する子と不合格の子がいます。その差は得点ですし、まさしく相対的な評価で合否がわかれていきます。

今の子どもは自分の相対的な位置を知ることを嫌う傾向にあります。慣れていないからです。でも、目をつぶっていてもしかたがありません。きちんと自分の立ち位置を知ること。そこからつぎの一歩ははじまります。

中3生は「県模試」になります。今まで学習した内容で県入試の出題傾向にあわせた模試になります。こちらは志望校ごとに自分の順位を知ることになり、より具体的な相対評価になります。この夏の時期、しっかりと自分の実力を知り、ここからの学習の出発点にしたいです。

小6受験生も、あと少しで6年生の範囲を終えられます。9月までは未修範囲の学習に専念し、そこから志望校ごとの入試問題演習です。

高1生と高2生は、それぞれに秋の英検の2級と準2級の合格が目標です。この夏の英検対策でそれなりの手応えを感じているのではないでしょうか。休み中も英単語、英熟語などの学習は継続しましょう。

高3生はそれぞれに忙しい中での講習でした。時間と予定の折り合いをつけるのが大変でしたが、後半講習からは学習に専念する環境づくりをしていきましょう。センター試験まで5ヶ月を切りました。

明日は予定通り「歴史探訪ツアー」を実施する予定です。台風の影響も今夜中に抜けてくれそうです。10日〜16日は塾の夏休みとなります。久しぶりに北アルプスの剣岳、立山に登ってくる予定です。19歳の大学生の時に合宿山行で登って以来です。

良い写真が撮れたらここにアップします。

皆さまも良い夏休みをお過ごしください(^^)