歴史と伝統のある県立高校を目指してがんばろう

神奈川県には全日制だけでも139校もの県立高校があります。これに中等教育学校2校を加えると141校になるのですが、そんなたくさんの県立高校も、最近はそれぞれの学校が特色を持つようになってきています。

たとえば、先日県教委から発表されたインクルーシブ教育の実践校などもそのひとつでしょう。また、進学重点校として「湘南高校」「横浜翠嵐高校」「柏陽高校」「厚木高校」の4校が指定されています。県内の高校の中でも難関大学への進学を牽引していく存在の高校です。

その中の湘南高校 http://www.shonan-h.pen-kanagawa.ed.jp/zennichi/index.html ですが、2021年に開校100周年をむかえます。

わたしも湘南高校卒のOBなのですが、湘南高校卒のOBやOGは、湘友会という組織を作っていて、様々に母校の支援をおこなってきています。その湘友会で、100周年記念事業として「奨学財団」の設立を目指しているのです。

その財団によって、在校生の海外の高校への短期研修、留学支援、さらにはスポーツ、音楽、芸術分野等への支援をおこなおうというのです。短期研修奨学金では、スタンフォード大での次世代リーダー養成プログラムや、ケンブリッジ大での短期研修、アジアの新興国でのフィールドワークなどのプランが考えられているようです。

湘南高校は「私たちの舞台は世界です」をスクールモットーにかかげています。そんな生徒たちを後押しするすばらしいプロジェクトかと思います。湘南高校に進学して世界を目指していく中学生がどんどんでてきて欲しいですね。夢をもってがんばれ(^^)/

湘南高校だけでなく、進学重点校の各校はいずれも歴史と伝統があり、たくさんの卒業生たちが現役の高校生たちを支援する組織を持っています。そうしたことからも、これらの高校に進学するメリットはおおきいはずです。歴史と伝統のある県立高校を選択する。それも高校選びの重要な観点でしょう。

頑張って「歴史と伝統のある県立高校目指して」挑戦していきましょう。