初冬の風に吹かれに行ってみてはどうでしょう

今日も良い天気ですね。いつものように受験学年が中心の土曜日です。今日から中3生は14時〜21時30分の授業になります。ここから82日間。一日一日をどれだけ真剣に送れるかが合否を決めます。毎日が定期試験1週間前のつもりでやっていくことです。

昨日の祝日は、朝起きたらとても良い天気だったので、急に富士山が見たくなって「陣馬山」に登ってきました。残念なことに富士山は雲の中でしたが、東京方面はくっきりと見えて、東京スカイツリーも見ることが出来ました。

「陣馬山」は標高が1,000メートルに満たない山ですが、360度の展望がすばらしいです。昨日もたくさんのハイカーで賑わっていました。登山道にはドングリがたくさん落ちていました。小さな子どもたちが一所懸命に拾っていました。

小さいうちにどれだけ自然とふれあえたかが、その子の様々な能力に関わっていくと思います。とくに「前向きにさまざまなことに挑戦していける」チカラというのは、そうした自然体験と密接なつながりがあるとわたしは思っています。

小中学生も同じことです。いや、大人だってそうです。ゲームやテレビから離れて、どこかに初冬の風に吹かれに行ってみてはどうでしょうか。ドングリを触ったことがないままに大人になっては不幸だと思います。

ここ http://tanzawa77.tumblr.com/post/180433537133/2018-november-23 に陣馬山の写真が少しあります。