ことばの学校

今日のmiyajukuの小学生クラスのひとこまです。

miyajukuの小学生クラスでは「ことばの学校」が別料金なしで受講できます。

「ことばの学校」は「本好きな子」を育てるだけでなく、文章の中でしか習得できない「ほんとうの意味での語彙力」を身につけることを目指しています。

たとえば「どきどきした」という言葉を辞書の意味ではなく、その言葉が出てくる場面の中でとらえること。「緊張なのか」「期待なのか」どちらの感情があっての「どきどき」なのかをしっかりと考えさせることです。

こうしたことを学ぶのには時間がかかります。ある意味では「遠回り」が必要なことでもあります。それでも子どもたちの未来にとってはとても大事なチカラだとわたしは考えています。

ぜひいちど「ことばの学校」を体験してみてください。