授業記録風に 5月25日 Sat

授業記録風に

午前中は私立中学入試クラスの5月の月例テストに向けての復習。お昼をはさんで月例テスト。小5生は2回目です。月ごとのカリキュラムにあわせて、そこまでの範囲をしっかりと復習してテストにのぞむ。そして、テストが戻ってきたら間違い直しをしてできなかった問題をやり直す。基本的な学習のルーティンはこの繰り返しです。早くなれてください。

PC教室ではAK先生のプログラミングの授業。みんな目をキラキラさせて集中してゲームプログラミングに取り組んでいる。好きこそものの上手なれ、ってこういうことなんでしょうね。

午前中から高3生は自分の時間にあわせてやってきては記述模試を。基本的に私大の一般試験の形式。こちらも小学生と同じです。範囲がないところだけがちがうだけです。と同時に、小学生ではないので、試験の結果から客観的に自分の「できている部分」と「できてない部分」を把握し、学習計画を組み立て直すことです。

午後はAK先生とホームページの作り直しの相談をしながら、高1生の新規の生徒の学習相談も。できたら一緒に勉強したいですね(^_-)

17時からは高3生の現代国語の学習。東京タワーが既知と未知とをつなぐ役割を持っているのに対して、エッフェル塔は地上と天上をつなぐ橋の役割だ、といった文章。「サッ」という言葉の意味を理解するのが読解のポイント。

夜は中3の数学と英語。数学は平方根の導入。ここの単元はとにかく「慣れ」が大切。高3生はKK先生の英語の授業(写真) 長い土曜日の1日もやっと終わりです。