オンライン自習室の準備

4月以降も学校休業が続き、しかも、今まで以上に強い自宅待機要請が出た場合に備えた準備を進めています。

今日は、福島県の「京大個別会原町校 https://kobetukai-haramachi.com」の佐藤先生のご厚意でZOOMを使ったオンライン自習室の見学をさせていただきました。ZOOMを利用して神奈川県のいくつかの塾の先生方もご一緒しました。

佐藤先生のところのオンライン自習室は、わたしが今までみてきたなかで最も洗練されてよく考えられたものでした。ものすごく参考になりました。佐藤先生には心から感謝です。何が参考になったかを書いてもしかたがないので割愛します。結果的に子どもたちのためになれば良いのです。

いつも言ってますが、ICTというのは仕組みです。仕組みを使うのは人間です。決してICTを利用しただけでいろんなことが出来るということにはなりません。やっぱり人が考えて知恵を絞らないとダメなんです。それも目の前にいる子どもたちが変わればそれだけでまた違った知恵を使う必要に迫られます。

わたしも3月のはじめから2週間ほどZOOMを利用して授業をおこないました。その中で様々にZOOMの長所や欠点を知りました。そこで学んだことも多かったです。この後、学校休業が続く事態になったとき、そのZOOMを利用した授業もおこないますが、子どもたちの学習時間をしっかりと確保するためにオンライン自習室をきちんと運営したいと考えています。

オンライン自習室は作ったから運営できるというものではありません。しっかりとシステムを作り、流れを作っていかないと意味のないものになってしまいます。また、私だけのチカラでは運営は無理です。今から、神奈川県のいくつかの塾と連携して子どもたちのための仕組み作りを進めていきます。

もちろん心からふつうの学習環境が子どもたちに戻ってくれることを願っています。あくまでも最悪の事態に備えての準備です。同時に、こうした準備は、後々に大きく役立つことにもなります。

それにしても人と人のつながりが大事だとあらためて知らされています。佐藤先生。今日は本当にありがとうございました。これからも子どもたちのために一緒にできることはどんどん共有させてください。よろしくお願いします。