24日は「作文コンクール」の表彰式です

24日に「作文コンクール」の表彰式とセミナーを「リアル+ネット」で実施するのですが、今日は朝からそのリハーサルでした。全国の塾をつなぎながら、できるだけリアル感を出しつつ大過なく表彰式とセミナーを実施するにはかなり気をつかいます。

基本はいつも「リアル+ネット」の授業で利用しているように、電子黒板を「リアル+ネット」で共有し、外付けのカメラで「講師+リアルに参加している人」を撮って同時に配信するというパターンです。

セミナーの講師の方がリアル感を持てるように、おっきな画面にネットで参加されている塾さんたちの様子も同時に映そうと考えています。

問題は「みる側」がパソコンやタブレットなどさまざまなデバイスで視聴するはずなので、どのように映るかがわからないということです。また、PCもWinなのかMacなのかChromeなのかによって操作性も違ってきます。

コロナ禍の中でオンラインを利用したこうしたセミナーや会議などが普通になりましたが、やっぱりリアルなものにはぜったいにかないません。とはいっても、せっかくいろいろと試行錯誤しながら手にした仕組みです。できるだけムダにしないようにこれからも前に進ませていきたいです。

そもそもネットでなければ、熊本や香川と神奈川をつないだ表彰式やセミナーなどできなかったわけですから、コロナ禍の「小さな恩恵」ととらえることにします(^^ )

がんばった子どもたちを「みんなで」ほめてあげられる場をつくること。それもこの「作文コンクール」の目的のひとつです。子どもたちの「やったぁ」という笑顔が「リアル+ネット」で見られるような表彰式にしたいです。