いまいちど、感染対策の徹底をします。

18日から8月の後半授業とお稽古が再開します。そんな中、デルタ株が広がりを見せていて、いくつかの学校や塾でクラスターが発生しています。デルタ株の感染力は想像以上に強いようです。もう一度、しっかりと感染対策を心がけたいと思います。

熱があったり、味覚や臭覚におかしいところがあったり、具合が悪いときは塾に来る前に親や塾長に相談すること。

塾に入るときは入り口のアルコールで手指を消毒すること。とくに部活帰りや学校帰りの場合は洗面所で石けんで手洗いをしてうがいをすること。

マスクは不織布のものを口と鼻がしっかり隠れるようにつけること。忘れたりひもが切れた場合は塾にストックがあります。塾長に申し出ること。

講習中などお弁当を食べるときは「ひとりで」「しゃべらず」に食べるように。

今まで継続してきた感染対策をもう一度見直すこと。

 
塾では授業やお稽古をできるだけ分散し、密になる機会を少なくします。また、皆が共用する机、イス、タブレットなどの消毒を今まで以上に徹底し、換気もこれまで以上に回数を増やすようにします。同時に、あらゆる事態を想定してオンラインでの授業も準備を進めていきます。
よろしくお願いいたします。