切所

乗り越えなければいけないハードルというのがある。迂回してしまうことは簡単だが、一度迂回してしまうと、二回目、三回目も迂回し続けることになる。進歩はない。頑張って目の前のハードルを跳び越えるとその先には違った景色が広がっている。本当に今までとは全く違った景色だ。その景色を見ることが出来る子と出来ない子には大きな違いが生まれる。

Wさん。私が言いたいことがわかってくれるだろうか。あなたは切所(山道などの、通行困難な所。難所。)にいる。私が授業中にあなたを集中的にせめているのは、あなたに何とかなってもらいたいと切に願っているからだ。

あなたの悪い点は、とことんまで自分を追いつめないことだ。どんな問題をやっていてもわからなければそこでストップ。そんなことを何度繰り返しても進歩はない。だから私はあなたを追いつめ続けている。

苦しいだろう、嫌だろう、逃げ出したいだろう。でも、切所だ。ここを迂回してしまったらダメだ。わかって欲しい。