成績表

子供の成績表を見て親は何を思うのだろう。

私にも子供がいるので、その成績を見続けてきている。前にも書いたように、中学生までの成績表は「親への評価でもある」と私はとらえてきた。さすがに、高校生の成績は「自己責任」だが、それは中学までの指導の延長上にあるものだととらえている。

親は子供に「夢」をいだく。その「夢」は子供の成長とともにはかなく消えていくのが世の常だ。将来は○○高校には行って欲しい、と思っていても、それが現実になることはマレだ。

そして、いよいよその現実が突きつけられたとき・・・

まずはその現実を受け入れることだ。そして、その現実から決して目を背けないことだ。親が目を背けてしまっては、すべては終わりだ。

現実を受け入れたら、そこからがはじめてスタートになる。現状での最良の選択肢は。一歩でも前に進むには。飛躍するには。考えることはたくさんある。

でも、子供は精一杯やっている。親から見れば「甘い」かもしれないが、彼ら、彼女らにとってみれば頑張っているのだ。

親も頑張って欲しい。あきらめないで欲しい。一歩でも、半歩でも、子供が前進することができるよう頑張って欲しい。

写真/丹沢「大室山」の紅葉