英語検定試験

今日は朝から「英語検定試験」を実施中。

公立高校も私立高校もこうした検定試験を点数化して合否の資料としている。そうした意味で中3生はラストチャンス。何とか合格して欲しい。

英語検定試験も時代とともに変化している。以前に比べると「対話形式」の問題が増えたり、リスニングの比重が高まっている。これは高校入試や大学入試にも言えることで、並べかえや語句の穴埋めなどは少なくなり、対話形式の短文の出題が多くなっている。

みんなけっこう緊張して試験を受けているなぁ。これもまたいつもと違って良い風景だ。