成功した時のイメージを持つこと

今日から11月。月が替わったと言っても意識することはないよ、ではなく受験生は大いに意識してもらいたい。前にも書いたが、ここから入試日までの自分をきちんとイメージすることが大切だ。そうした作業をこそこうして月が替わったときにするべきなのだ。

まずは自分が合格した時のイメージを明確にすること。合格通知の封筒を開けたとき、合格の掲示をインターネットで確認したとき、掲示板に自分の受験番号を見たとき。とにかく成功のイメージを持つことはとても大切なことだ。そのイメージが強ければ強いほど、ここからの学習に真剣みが増していく。

自分が受からないで他の誰が受かるのさ、そんなつよい気持ちを持っている子が実際に成功する例を数限りなく見てきている私が言うのだから間違いない。逆に、そうした明確な自分を思い描けない子は失敗しがちだ。

11月。いよいよだ。ここからは私も今までとは違うからね。覚悟しておくように。ゴジラにでも鬼にでも何にでもなりますから。