受験小5のお母さん方へ

前の記事と同じようなことの繰り返しになるが・・・

受験小5クラスのみんなに、先日の「首都圏模試」の結果を返却した。詳しくは2月の個別面談でお話しする、ということでお母さん方には詳しい話は出来ていない。とにかく2月初旬の中学入試と大学入試が終わるまでは、来年度のことに手をつけられないのでご承知を願います。

とにかく、今の段階でいえることは、「こんな成績で」とか「もうダメだ」とか「受験をやめようか」などと言った後ろ向きの姿勢を見せて欲しくない、ということです。ましてや、子供さんにそうした姿勢をみじんも見せてはいけません。

子供の「伸びしろ」は大人の想像をはるかにこえています。とくに中学受験の小6生の「伸びしろ」は、毎年、私自身もびっくりするするところです。

秋に結果を出す(^^)

これが私の目標です。今まではその土台作りの時期。結果は出なくて当然です。ただ、今までの「あまさ」を反省してもらえればOKです。今まではあまかった。これからは「厳しさ」を前面に出していくぞ。そのきっかけ作りのための今回の試験だったと考えてください。お願いします。

お母さん方、いっしょにこの一年間頑張っていきましょう。私はワクワクしています。この子たちがどれだけ「ばける」か。いや、「ばけさせて」みせます。