集中力

勉強の出来る子と出来ない子の違いは何だろうか。これは、スポーツの世界でも同じことだと思う。どんな競技でもチカラを発揮できる子とそうでない子の差をつくっているもの。

それは 集中力 だ。

学習のチカラを伸ばしていく上で最も大切なことは集中力だといえる。集中力がない子は残念だがどんな手段で勉強をしてもチカラをつけることはムリだ。

それならば、どうすれば集中力をつけることが出来るのだろうか。これはかなりの難問だ。それがわかれば親の悩みはほとんどなくなるだろう、とさえ思われる。

ただ、ちょっと考えただけでも、ご飯を食べながらテレビを見ることや、野放図にゲームをやらせること、日々の生活にけじめがないこと、などなどは集中力をなくすだろうことは間違いない。「・・・しながら」というのが最もよくなことだと思われる。

ということは、子供に集中力があるかないかは、家庭のチカラに負うところが多いのだ。

塾なので目の前の成績を上げることに仕事の大半は費やされる。それは当然のことだ。でも、そんな中でも、ちょっとでも集中力をつけてもらえるように指導したいと考えている。