せっかく縁を結んだ親子です

今朝は手術後はじめてジムに寄ってきた。まだ足は青く腫れている部分もあるので、足に浮き輪のような浮力体をつけて1kmほど泳いできた。身体を動かすと気持ちも前向きになれるひよこ

午後は三組の方の面談が続いた。それぞれのお母さんの悩みは、すぐに解決できる手立てがあるものではない。そもそも子育てに解答はないわけで、こうすればすべてがうまくいく、などといった処方箋は存在していない。

子供の成長は、そのまま親の成長でもあると思う。子育てを通じて親もどんどん成長していく。だからどんどんはたらきかけた方が良いと思う。遠慮することはない。お母さんが思うこと、考えることを子供にどんどんぶつけていけば良い。

そして、いっしょになって考え、いっしょになって悩み、いっしょになって成長していけば良い。

今日も一人のお母さんに「いっしょに旅行でも行かれたらどうですか」と提案した。できれば心に響くような自然にふれる旅なんかの方がよいだろう。旅の中ではいつもとちょっと違う時間が流れる。いつも話せないことが話せたりする。いつもは聞く耳を持てないのに素直に聞けたりする。

お母さん。もっともっと語りかけましょう。子供に語りかける自分を持ちましょう。そうした機会をつくる努力をしましょう。そうすることで、子供はお母さんの愛情を感じることも出来ます。自分のことについて考えるきっかけにもなります。

せっかく縁を結んだ親子です。その絆を大切に育んでいきましょう。

miyajukuに子供さんを通わせていただいているお母さん。何かあればいつでもお話しをうかがいます。万能処方箋はありませんが、袋小路に入り込んでしまった時は、そこから抜け出す手立てぐらいはお話しできると思います。