読書作文コンクール

私の所属している「神奈川県私塾協同組合」では、今年から新しい試みとして「読書作文コンクール」を実施することになりました。趣旨は以下の通りです。

自己を語るには、何らかのきっかけが必要です。人と接すること、すばらしい自然と出会うこと、特別な体験、そんなきっかけが“種”となって、人の心に変化が生まれます。気づきが生まれます。今回のコンクールは、本を読むこと、講演を聞くことを目的としません。そうした本との出会い、講演者との出会いによって、生徒たちの中に生まれた気づきや、自分自身の変化を表現してもらうことが目的です。

課題作品は「醍醐千里作 魂の約束」です。

魂の約束

あえて作品の中身についてはふれません。もちろんmiyajukuでもこの読書作文コンクールに全面的に参加します。今週の授業の中で時間をとって作品を読み、1時間ほどかけてじっくりと作品についてみんなの意見を引き出したいと思っています。生徒たちの国語力アップのためにも、心の豊かさアップのためにも、しっかりと取り組ませたいです。

優秀作品については6月23日に「新横浜国際ホテル」にて表彰式がおこなわれます。選考の段階から作者の醍醐さん自らが関わってくださることになっていて、表彰式にも来ていただけることになっています。miyajukuの生徒の中からそうした優秀作品がでるとうれしいのですが(^^)/