手のなかの武器

3月11日です。あれから2年が経ちました。まずは目を閉じて合掌です。

さて、来週の20日(水)には、被災地支援映画「手のなかの武器」上映会と監督さんとのコミュニュケーション会をおこなう予定です。日程は以下の通りです。第1回と第2回は便宜的に分けているだけなので、内容は同じものになります。どちらかというと第1回は小さいこどもたちにあわせたコミュニュケーション会になります。

第1回 9時30分~11時30分 小学生と中1生、その御父母の方
第2回 12時30分~14時30分 中2・3生と高校生、その御父母の方

場所 レンタルギャラリー「ドリーム」 中央林間3-12-19 レガロ2 1階

今回の企画はmiyajukuの塾生とその保護者のためのものですが、席に若干の余裕があります。このblogをご覧の方で参加されたい方がいらっしゃいましたら、ワタシまでメール(info@miyajuku.com)ください。

とくに、学習塾、学校の関係者の方。この作品の監督さんは積極的にいろんな場所でこの映画の上映をのぞまれています。是非ともどんな会になるのかをご覧になってみてください。

2年が経ちました。自分にとって3.11が持つ意味とは。まずはそれを考えることからはじめませんか? 遠い世界の出来事ではなく、隣近所の出来事だと考えること。それが一番大切なことだと思います。

ひとりひとりが持っている「手のなかの武器」の意味を見つめ直す機会にしたいです。

手のなかの武器