教材・教具展

今日は神奈川県私塾協同組合主催の教材・教具展でした。その後、組合の先生方との情報交換会もおこないました。各塾で実施している予想模試演習の出来などから、miyajukuの生徒たちの相対的な仕上がり具合をはかる良い情報交換ができました。

教材・教具展

問題についてはかなり分析をしてきたおかげでほぼ予想ができます。新傾向の出題についても対応するための指導は続けています。生徒たちも思った以上に対応力を発揮してくれています。ただ、最も大きな問題が横たわっています。

倍率です

前後期選抜がなくなり、入試は一本化されました。志願者はばらけるのか、特定の学校に集中してしまうのか。そこが最大の問題だと考えています。志願変更も1回はできますが、とにかくこの倍率については予測が不可能です。2.0倍近い倍率の学校もでるでしょうし、定員を割る学校もいくつか出てくるはずです。

ただ、トップ校のいくつかはいろんな点から倍率が出ないだろうと予測しています。どことは具体的に書けませんが、ある意味では「今年は狙い目かな」とも思っています。やはり制度改革初年度は安全志向でいくはずですから。具体的な高校名はmiyajukuの生徒たちには伝えてあります。