大学入試改革セミナー

今日は東京にて、私塾組合連合会主催の「大学入試改革セミナー」に出席してきました。

2020年の高大接続改革については、このブログでも折りを見てふれています。文科大臣がかわるということで、改革のペースが鈍るかもしれない、といった見方も出ていました。が、今日のお話をうかがうかぎり、この流れはそのまま進んでいくようです。

今日はあまり時間がないので詳しくは書けませんが、こうしたセミナーで話を聞いて情報にふれる度に、今回の改革は本当にコペルニクス的な転換になりそうだ、ということです。当然、学習塾のあり方も根本的に変わらざる得なくなります。というよりも、今の形での学習塾は10年後には存在していないだろう、ともいえそうです。

まぁ、塾がこの世の中から消えることは、とっても良いことなので問題ではありませんが(^_-)

御父母の方へひと言

今の中学1年生からの改革と思わないことです。

今回の改革への流れは、来春のセンター試験にも反映されるはずですし、多くの私大が英語の4技能を採り入れた入試をスタートさせますし、東大、京大で来春からはじまる推薦入試は、2020年改革への第一歩ともいえるのです。

わが子に21世紀型のスキルを身につけるさせるにはどうすれば良いか、しっかりと考えていきましょう。

まずは部活漬けから脱けだすすことです(^^) もうそんな時代ではありません。

大学入試改革セミナー