10日で8日間

6日の土曜日です。先週までのように小6受験生も高3受験生もいません。午前中は新小6(現小5)生の授業です。旧小6受験生はひとりが今頃は最後のチャレンジ中です。高3生は今日をふくめて私大の入試が続いています。こちらは個々に個別授業で対応します。

残るのは中3生のみ。昨晩の段階で志願変更の人数をみんなにメールしました。月曜日は午前中のみの受付なので、この数字がほぼ最終的な志願者数になるはずです。あとは月曜日の21時頃には発表される県教委の正式な数字を待つだけです。

このページに更新されるはずです。
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f160600/p997901.html

上溝南 341 → 353 1.11倍
希望ヶ丘 547 → 513 1.62倍
麻溝台 412 → 422 1.18倍
大和南 365 → 367 1.15倍
弥栄(芸術・美術) 69 → 68 1.74倍
麻生 331 → 354 1.11倍
座間 357 → 356 1.29倍
新羽 506 → 497 1.25倍

入試は相対的な戦いです。合格するには他の受験者よりも高い得点をとらねばなりません。でも、こう考えてはどうでしょう。ボーダーをこえれば合格できる。どの高校にしても、ある一定の線を越えれば合格できます。

上の中では倍率が出ている希望ヶ丘高校ですが、200人近くが不合格になる、と考えるのではなく、500点満点の入試で370点をとれれば合格出来る、と考えましょう。その方が自分の目標がはっきり見えてよいはずですし、倍率が気にならなくなるはずです。その他の学校についても同じです。

あと今日をいれて10日間です。miyajukuでは、この10日間のうち8日間は塾に中3生を通わせます。今日も明日は7時間半・・・と、総時間で44時間。自習ではないですよ。すべてわたしの授業です。自習に来る生徒はさらにこれ以上の時間をmiyajukuで過ごします。最後の10日間。全力で中3生たちを後押ししていきます。