読書作文コンクール

今日は、日曜日の「読書作文コンクール表彰式」の表彰状づくりです。このコンクールは神奈川県私塾協同組合が主催していて、miyajukuがその事務局なので、こうした仕事はわたしのところでやることになります。

けっこう大変な仕事です。習字のK先生が名前書きに汗をかいています。

それでも、子どもたちにキラキラと輝いて欲しい、といった思いは強いです。

この「読書作文コンクール」も5回目になりました。当初から、子どもたちに文章を読んでもらい、その文章を書いていただいた作者の方に選考をしていただき、表彰までしてもらう、というコンセプトです。

自分が読んで作文を書いた著者の方に会い、しかも、講評までもらえる、なんて体験はなかなかできるものではありません。

しかも、今回は、その著者の方(ヒタカズ先生)の講演「こころの授業」を聞くチャンスも設けています。自分が読んだ作品のあの部分はこういった意味だったんだ、などという気づきも講演を聞く中でたくさんあるはずです。

こうした会に足を運ぶのは面倒かもしれません。でも、だからこそ、一歩を踏み出して欲しいです。その場にくれば、絶対に得るものがあるはずです。

また、今回は高校生の夢発表会も同時におこないます。miyajukuのTさんが、自分の夢を百数十人の前で発表します。昨晩も彼女の発表の内容を練習で聞きました。とってもよいものです。この夢発表会も、今の高校生に「夢」をもって欲しい、といった私たちの願いもこめられています。

日曜日のイベントの詳細は → http://kokucheese.com/event/index/464331/ にあります。miyajukuの生徒、美家族の方は入場は無料です。また、一般の方の入場も可能です。お問い合わせください。