神奈川大学がMM21地区に新キャンパスを設置

昨日の続きを書こうと思っていたのですが、地元の大学のおっきなニュースが飛び込んできました。

神奈川大学がMM21中央地区43街区に「みなとみらいキャンパス」 2021年4月に開設
https://www.hamakei.com/headline/10083/

神奈川大学(横浜市神奈川区六角橋3)は4月12日、「みなとみらい21中央地区43街区」(西区みなとみらい4)に「みなとみらいキャンパス(仮称)」を設置すると発表した。キャンパスの敷地面積は約7,848平方メートル。建物は地上21階、地下1階で最上部は高さ約105メートルとなる。延床面積は46,00平方メートル。1~3階に図書館、ラーニングコモンズ、多目的ホール、ワールドビュッフェ、エクステンションセンター、託児施設、ブックカフェなどを設け、4~21階を大学施設、研究施設などとする。建物は、2018年に着工し、2020年11月に完成予定。2021年4月に学生数が約5,000人となる新キャンパスが誕生する。・・・

もともと神奈川大学の中でも外国語学部は難易度も高くて看板学部でした。それをMM21の新キャンパスに移し、国際学部系の新学部も設置するとのこと。かなりの人気になることは間違いないでしょう。

また、神奈川大学は、横浜と平塚にキャンパスがありますが、将来は平塚キャンパスを横浜に統合することも検討中とのこと。平塚は理系学部が中心になっているのです。これが交通の便の良い横浜に戻るということになれば、こちらも人気が出るはずです。

いずれにしても、来春入試では、地元の私大として神奈川大学が台風の目になりそうです。注目しておきたいですね。高3生は、オープンキャンパスには是非とも足を運んでおきたいです。