新学期説明会の資料後書き

今週の土曜日は「新学期説明会+入試報告会」です。

それを含めて新学期の様々な準備にドタバタとした毎日を送っています。

以下は、先ほど書き上げた、説明会の資料の後書きです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

親が気をつけるべき点は、自分が学生だった当時のイメージで子どもの進路選択を考えないこと。

たとえば大学入試で、浪人の感覚はずいぶん変わっている。今の子は「現役」「安全」「地元」志向が強い。1990年当時(今の大学入試センター試験がスタートした頃)、大学入学者の2.5人に1人が浪人生だったが、今は7人に1人にすぎない。

大学への進学率も、5.5人に1人だったのが2人に1人になっている。大学生がめずらしかった30年前と今では全く違う。だから、大学を出たからといって、おっきな会社に就職でき、一生安泰、といったモデルはとっくになくなっている。

高校も大きく変わっている。単位制の高校やインクルーシブの高校もあり、入試をおこなわないクリエイティブスクールもできている。高校入学時に海外の大学への進学を目標とする生徒を対象とした国際バカロレアコースをもつ県立高校さえある。

今は変化の時。

社会全体が大きく変わっていく中で、子どもたちを取り巻く教育の姿も様変わりしつつある。しかも今後さらにおっきく変わっていく。親は、子の最も良き理解者として、また、最良の支援者として、積極的にそうした変化の潮流を知り、アドバイス出来る立場でありたい。