あと少しです

いよいよ明日が県高校入試です。

大学入試の高3生たちも今週でほぼ入試は終了です。今日も3人が、残った入試のために英語の個別指導中です。なかなか結果がでていない生徒もいます。苦しいでしょうが、信じて学習を続けるしかありません。

それにしても、予備校の合否システムはあいかわらずです。センター利用で「D判定」が出て、「あれっ」っと思っていたところも合格が出ました。

確かに、ひとつの大学のひとつの学部でも、センター利用A、B、全学部統一、一般A、Bなどとたくさんの日程があります。予備校も追っかけられないのでしょうね。

公平性の上でも ? がつくこともあります。同じ大学の一般を別日程で受験した生徒たちの様子を見ると、明らかに難易度の違う問題が出題されていたりします。日程ごとに合否を出しているのか、合わせて合否を出しているのか、知りたいところです。

補欠合格についても ? がつきます。今年もすでに2名が補欠合格をもらってしまいました。ただ、ひとりは78名中13番などと通知が来ていますが、もうひとりは「補欠合格」という通知だけ。待つ身のつらさは想像以上です。

それでも、受験を通して子どもたちは着実に成長していきます。その成長に寄り添える仕事ができることがうれしいです。ありがたいです。

あと少し。

中3の授業も今日が入試前の最後になります。