冬期講習の再開

今日から冬期講習の後半がスタートです。あえて「おめでとう」の言葉は使いません。「ぼくたち、わたしたちの正月は3月だ」ということです。授業も前半の講習からの続きに粛々と入っていきます。

毎年のように書きますが・・・

年末、年始に「受験特訓」をやる塾や予備校があります。ハチマキして、やるぞーってかけ声かけて、朝まで眠気を克服しながら。絵になるのでテレビのニュースなんかに出てきます。あれ、わたし、大嫌いです。miyajukuでは絶対にやりません。

まず、年末、年始は家族で過ごす時間です。様々に「絆」を感じる大切な時間です。その大切な時間を塾も予備校も部活動も奪うべきではありません。

子どもたちはその大切な時間を肌で感じて、自分という人間がたくさんの人たちの輪の中にあることを知るのです。そして、それが「生きるチカラ」になり、学習や受験へのモチベーションにもなるのです。

勉強なんかよりずっと大事なことです。

つぎに、わたしは「根性」という言葉が嫌いです。勉強っていうのは「淡々と」「ふつうに」やるものです。ふだんの積み重ねがすべてです。もちろん一生懸命にやるのはあたりまえですが、それと根性という言葉は相容れないものだと思っています。きちんとやらないからこそ根性という言葉が出てきてしまうのです。

miyajukuも今週末は受験直前合宿です。それは「普通の合宿」です。もちろんピンと張りつめた空気は作ります。長い時間の学習もします。しかし、ハチマキも気合いがけも朝まで学習もありません。普通にきちんとやるべきことをやる合宿です。原則的な学習を徹底する時間です。派手さはまったくない地味な合宿を目指しています。

大学入試センター試験まで10日。神奈川県高校入試まで43日。