He who hesitates is lost.

4月1日です。新年度のスタートです。すでに春期講習から新しい学年での学習をはじめていますが、やはり年度はじめは気が引き締まります。ここから1月のセンター試験、2月の私立中入試、高校入試まで、ゴール目指してしっかりとやっていきましょう。あと10ヶ月ですよ!

He who hesitates is lost.

新年度にあたってこんな言葉をみんなにおくります。日本語にすれば「ためらうものは負ける」とでも訳せるでしょう。勉強をはじめるのにためらってはダメです。じっくり考えてから、なんて言っているうちに結局はやらなくなるのが落ちです。まずははじめましょう。

Time and tide wait for no man. 歳月は人を待たず です。4月というのは好機です。何もかもがリセットされて新しくはじまります。このチャンスを逃すことなくスタートしましょう。いつも言っていますが、私は「やればできる」という言葉が大嫌いです。結局はやっていないことの言いわけでしかないからです。「やればできる」といった状況に陥らないこと。そうなってしまう前にやることです。

もう一度。

He who hesitates is lost.