Time and tide wait for no man.

雨が降り、涼しい朝のスタートです。今日は30度をこえないとのこと。暑くないのは良いのですが、いきなりの気温の変化に体調をくずしそうですひよこ

夏講習の最終日です。miyajukuとして26期目の夏講習が終わろうとしています。振り返ってみると長いことつづけていますね。1期目の生徒は40歳をこえて仕事に子育てに忙しい毎日を過ごしているのでしょう。

明日からは平常授業の開始です。9月4日からはT中の前期期末試験の開始です。どうもこの二期制というのにはなじめません。何度体験しても夏休み明けすぐに定期試験というのはあまり効果的とは思えません。

9月の声を聞くと後の時間の流れがはやくなります。怒濤のように2月の入試まで時間が経っていきます。これは毎年のように感じる時間の流れです。

中学受験も高校受験も大学受験も、本人にとっては「初めて」の受験になります。だからこの時間感覚がわかっていません。とにかく「あっ」という間に時間が経っていきます。

気づいたときには、あれもまだ手をつけていない、これもまだ理解が浅い、なんてことになりかねません。どこまでも時間があるという気持ちを捨てて、危機感を持って9月を向かえて欲しいです。

私立中学、私立大学の入試がはじまる2月1日まで160日

県立高校入試の2月14日まで173日です。

Time and tide wait for no man.