「キッズ学童コース」がスタートしました。

新学期の第1週はいろいろと慣れないことが多くて大変です<(_ _)>

そんな中「キッズ学童コース」がスタートしました。学童コースといってますが、基本は「塾」です。16時30分~18時30分の間はしっかりと学習させます。その学習時間の前後にお預かりをしますよ、というコースがこの「キッズ学童コース」です。様々な学習プログラムを準備していますが、中でも「ことばの学校」がぜひとも子どもたちに受講してもらいたいプログラムです。

早速、子どもたちは自分に合ったグレードの中から好きな本をチョイスして読書をはじめています。どの本を選ぶのかっていうのがけっこうおもしろくて、ほとんどわたしの期待を裏切った選択を子どもたちはしてくれます。楽しいですね。

英語は4技能といって「リーディング、リスニング、ライティング、スピーキング」の学習をするようになってきましたが、国語にいてはまだまだ「リーディング」が中心です。国語も英語と同じ言語活動です。目で文字を追うだけでなく、耳で聴き、声に出して学習することが大切です。五感をフルに使って学習すべきです。

とくに小学校低学年の子どもたちにはそうした学習をたくさん採り入れて欲しいです。「ことばの学校」では朗読音声を聴きながら本を読んでいきます。また、低学年の学習では、耳で聞き取って解答していくプログラムも組まれています。何よりも文章を読んでいく中で知った語彙はその子の血や肉になっていきます。これも英語の学習と同じです。英語も語彙は文意の中で身に付けていくことが大切です。

神奈川県の高校入試の特色検査の出題でもわかるように、大量の情報から必要な情報を早く取り出しそれを理解するチカラが求められています。そうしたチカラは一朝一夕に作られるものではありません。この「ことばの学校」のメソッドで読書好きになるだけでなく、そうした情報処理能力を作り上げていってもらいたいです。

「ことばの学校」の詳細 → https://site.kotobanogakko.com/kotoba/

キッズ学童コースの詳細 → https://miyajuku.com/kids-gakudou/