中3の直前日曜講習

高校生へのコロナ感染が広がっています。miyajukuでもしばらくは高校生の授業はすべてリモートでおこなうことにしています。

ただ、リモートでの授業の効果はリアルな授業にはまったくかないません。あくまでも「学びを止めない」という意味しかないのも実際です。この2年以上の期間、それなりに研究をし実践もしてきました。

カメラやマイク、スピーカーなどもいろいろと試し、ネット環境も整備しています。たぶん、多くの他塾の設備よりもずっと良いものをそろえ、それを利用するわたしたち講師の力量もそれなりのものと自負できます。

それでもリアルの授業の足下にもおよばないものがリモートでの授業です。とにかく早く以前のような状態に戻ることを祈りつつ、いまできる最善の手段で子どもたちに「学びの場」を届けていくことを進めていきます。

中3受験生たちは今日も朝から日曜直前特訓です。朝から5教科の予想問題を入試の時間割通りに解き、採点した答案を解き直す。これを入試まで続けます。子どもたちにはいつも「入試はスポーツの試合と同じだよ」と言っています。敵のクセを知り、その攻撃に対してどう守るか、そしてどう得点していくか・・・ 徹底的に研究し尽くし、自分の武器をみがこう。そんな話しをしています。

あと3週間。この受験を通して「おっきくなって欲しい」というのが毎年のわたしの願いです。

この時期ぐらいからほんとうにこの子たちが愛しくてしかたなくなってきます(^^)/