塾の夏休み中の課題

明日からの塾の夏休み中。子どもたちには以下のような課題を出しています。

高2生 理科と社会の「ただよび」の講義
高1生 理科と社会の「学びエイド」の講義
中学生 ビットキャンパスタッチでのドリル演習
小学生高学年 ビットキャンパスタッチでのドリル演習
小学生低学年 eボードの視聴と演習

miyajukuには「ポータルサイト」があって、すべてそこから入っていけるようにしてあります。長いこといろんな映像授業や演習教材としてのICTを利用してきて、今はこれが最もうちの生徒たちにとって使い勝手が良い、というものを利用しています。

すべて管理画面から進捗状況などのチェックなどができるのと、こちらから課題をプッシュすることもできます。ある意味では遠隔での学習管理も出来るということです。こうしたICT教材は、何ができて、何ができないかをしっかりと見極めて必要に応じて使っていくことが大事です。

すべてを任せないことですし、大きな期待もしないことです。でも、うまく利用すれば効果は大きいです。いずれにしても「使う側」の腕しだいということでしょう(*^ー゚)