電子黒板のすごい機能

電子黒板はすぐに授業で利用しています。いろんな機能があるようですが、そのなかのひとつです。

授業が終わったあとに「QRコードを発行する」というボタンをクリックすると、数秒で写真のようなQRコードが作成されます。これをスマホで読み取ると、その日の授業で板書したすべてが画像としてダウンロードできます。

ためしに昨日の高2の数学の授業の後につくられたリンクです。クリックしててみて下さい。

https://tlsv.fs.cld.iodata.jp/whiteboard/share/20201031_095039673_4c1a2c33.pd

授業を休んだ生徒にこのQRコードを送ればある程度の授業内容を理解できます。また、板書し損なったところとか、時間の都合で後でよく見ておくように指示したい部分などを記録しておけます。板書内容はクラウド上に保存されています。

すごいですね。

今日の夕方以降の高3生の授業は過去問の演習が中心です。今からコピー機で問題をスキャニングしてサーバーにためておきます。授業ではそのファイルを電子黒板に読み込んで解説を進めていきます。漢文の授業など、白文を書かなくて良いですし、古文の品詞分解などもかなり効率よく進められるはずです。