miyajukuのプログラミング教室は3月からすごいことになります

プログラミング教室に年末からここまでで5件の問い合わせをいただいています。miyajukuでプログラミングの講座を開始して3年が経とうとしていますが、世の中がやっとプログラミングを学ぶことの有用性に気づきはじめたのかな、と思っています。そして、miyajukuでは、3月からさらにブラッシュアップしたプログラミング教室の開始に着々と準備を進めています。

3月以降も基本的な部分は変わりませんが、「検定」と「コンクール」のふたつをキーワードとした講座になっていきます。プログラミングを遊びで終わらせず、思考力、判断力、解決力といった力に結びつけていくために、パソコンの資格としては歴史のあるサーティファイの検定試験を導入し、さらに積極的に自らのアイデアをプログラミングさせてコンテストに出していく、というところまで進めていきたいということです。

骨となるカリキュラムは、全教研 “プログラミング道場” 「GAMES(ゲームコース)」のカリキュラムを主として、より理解を深めるために補完的に”プログラミング道場”「ROBOTICS(ロボットコース)」のカリキュラムに取り組みます。さらに、画面上でのプログラミング課題として「ジュニアプログラミング検定(サーティファイ)」の資格受験取得に取り組むカリキュラムを採用することで、生徒自身の学習成果を資格試験の受験および合格によって測れるようにします。

すでに3年目をむかえている生徒はかなりのところまで腕を上げています。そうした生徒のためにも、来年度は各種コンクールへの出品、出場に向けた指導を上記カリキュラムに合わせて実施していきます。学習塾としてのプログラミング教室です。楽しく学ぶことは前提ですが遊びにはせず、問題解決力をこの講座を通してしっかりと身につけさせたい、というのがmiyajukuの願いです。

ここまでしっかりとした指導方針を持ち、きちんと指導できる体制を整えているプログラミング教室は他にはない、というところまでしっかりと作り込んでいくつもりです。ご期待ください。なお、クラスの増設はしない予定ですので、新年度に受け入れ可能な生徒さんは若干名にとどまると思います。ご興味のある方はなるべく早めにお問い合わせください。