県教委から「進学希望調査」が公表されました。

神奈川県教委から「進学希望調査」の結果が公表されています。

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u5t/edu_stat/jr_high_course_hope/r02_result.html

10月20日現在の県内の中3生65,156人の進路希望の調査結果です。調査の中でも注目なのは、公立高校を志望している中3生が、現時点でどこの高校を希望しているかの一覧です。

miyajukuの在籍生が志願する可能性の高いところを抜き出しておきます。昨年は、希望者、募集定員、実受験者の順です。

柏陽高校 希望者/537名 募集定員/318名 (昨年 561 318 506)

鎌倉高校 希望者/699名 募集定員/318名 (昨年 559 318 388) 

厚木高校 希望者/550名 募集定員/358名 (昨年 544 358 435)

海老名高校 希望者/701名 募集定員/398名 (昨年 729 398 458)

座間高校 希望者/510名 募集定員/278名 (昨年 543 278 387)

大和西高校 希望者/330名 募集定員/278名 (昨年 297 278 298)

松陽高校 希望者/345名 募集定員/278名 (昨年 325 278 339)

相模原弥栄高校 希望者/397名 募集定員/198名 (昨年 365 183 257)

麻溝台高校 希望者/489名 募集定員/358名 (昨年 415 358 434)

市が尾高校 希望者/629名 募集定員/398名 (昨年 653 398 463)

元石川高校 希望者/533名 募集定員/358名 (昨年 608 358 519)

荏田高校 希望者/337名 募集定員/398名 (昨年 413 398 447)

麻生高校 希望者/257名 募集定員/318名 (昨年 281 318 336)

たとえば、海老名高校は現時点で「海老名に行きたい」と書いた生徒が701人もいます。募集定員が398名なので、このままだと1.76倍という高倍率になります。ただ、昨年も729名の生徒が希望調査の段階で「海老名に行きたい」と書いていたのに、実際の志願者は450名で志願変更後は463名までに減りました(実受験者は458名で受験後取り消しが4名)。

あくまでもこの調査は10月段階での「行きたい高校」を書いたと言って良く、その後、学校の成績が確定し、入試のための勉強などを進めていく中で志願先は大きく変わっていくものと思われます。それでも、今年の受験者の動向をある程度は示してくれています。そうした細かい分析は少しずつやっていきます。