中3のK君

中3のK君との会話。

期末試験の結果を受け取りながら、

「これじゃ県立なら○○高校しかむりだな。」
「大丈夫っすよ。おれ、N本K空学園にいくつもりだから。」
「そんなレベル低いところ行ってどうすんだ。」
「いやぁ、サッカーはそこそこ強いし。全寮制に行ってみたいっすよ。」
「サッカー強いっていっても、インターハイ常連ってわけでもないし、たとえインターハイに出てもベスト8まで残るわけでもないし。」
「いやいや、オレが入れば強くなるっす。」
「サッカーで喰って行くわけじゃないし、どうせ趣味みたいなもんなんだろ。県立のそこそこ強いところに行って、サッカーやりながらしっかり勉強した方がいいんじゃない?」
「オレ、将来、サッカーのコーチを目指しているんで。」
「サッカーのコーチって、コンビニのバイトよりも給料は安いと思うよ。」
「そんなことないっすよ。」 

・・・・・・

信頼関係が前提の話だと言うことをご理解下さい。私も「夢」を追うことを否定しているのではありません。ただ、いろいろな価値観があることを、ある意味極端にしめさないと、今の子供達は反対方向に振れすぎることを危惧しているからの会話です。