今時の大学入試 2

立の大学の授業料は、文系学部で年間100万円強、理系学部で年間150万円以上もかかります。薬学部などでは200万円以上になり、6年間で1,200万円もの授業料が必要になります。それならば授業料が安い国公立大学へ進学したいと思ったとします。しかし、首都圏の国公立大学はどこもレベルが高く、中・高一貫の学校で早くから受験体制に入っている生徒にしか手が届かないのです。公立高校に通うほとんどの高校生は私立大学への進学をするしかありません。県内トップの湘南高校でさえ、全体の1割程度が国公立大学に進学するだけです。旧学区の2番手以下の公立高校ではほぼ0ということになります。そうした現実があることも高校進学では考えておかねばなりません。