中2生の試験対策

中2生の今回の中間テストの目標はずばり「自分を変えよう」だと思う。1年間の学習を終えて「自分の成績はこんなもんだろう」といったあきらめに似た雰囲気を持っていないだろうか。そうした気持ちを打ち破るチャンスこそが、この年度初めの中間試験だ。「こんなもの」といった限界を作らずに「一皮むけた自分」を目指してみよう。試験の範囲も短い。準備も春期講習から着々と進めてきた。あとはひとりひとりの「気持ち」と「魂」だ。

数学と英語は塾での学習がかなり進んでいる。来週からは復習に戻すが、あとは丁寧にミスをしないようにしていくだけ。わからない、といった内容はないはずだ。いつものことだが、試験の1週間前になって英語と数学を勉強しているようではだめだ。この2教科は早めに仕上げて、1週間前からは他の教科に時間を使うようにしよう。

社会は1年次から継続の歴史分野。やっと幕末から近代にはいったばかりといった進度。1年次の学習範囲も出題されるはずだから、早い段階からノートのまとめ等を進めておこう。理科は2分野の生物範囲からの学習。こちらも覚えることが中心だから、まずはノートの整理から学習を進めておこう。国語については、このあと、塾で問題演習を何種類もやっていく。ひとつひとつの問題を丁寧に解いておこう。