現国の授業中

高3現代国語の授業中。今日の文章のテーマは「近代的自我」。全員、頭を抱えながら文章と格闘中。

現代国語の読み取りは、頭の中に主題に対しての回路が出来上がらないとどうにもならない。とにかく一度でもそうしたテーマをあつかった文章に対したことがあるのとないのとでは、読解に大きな差が出来てくる。「近代的自我が持っている不安とは何か。」そんなことを筆者の論旨にしたがいつつ自分も考えてみる。そうした作業が頭の中に回路を作っていく。

合理主義、理性、狂気、実存、ドグマ・・・ などなど、日常はお目にかからない語彙とぶつかり、それらの語彙を文脈の中でとらえていくことも大切だ。

さて、段落ごとのまとめが出来たようなので授業再開だ。