はじめての土曜日

今日は、高3の「現代国語」、高3の「英語構文」、中3の「数学、英語」と授業が続いた。

高3の「現代国語」の授業をもつのは久しぶり。たぶん、現役の教師だった時以来だろう。とにかく論説文を中心に攻めていく。どんな問題文も、とにかく100字から150字程度でまとめさせることからはじめる。いきなり「デカルトの考えたことと、それを現代の人たちがなぜ否定しているのか。」といった文章。ほとんどの生徒が「・・・・」といった状態。それを1時間かけてときほぐしていく。

さあ、一年のはじまりだ。