メッセージ

親が子に是か非でも伝えなければいけないことって何だろうか。

それは、

目の前にあることから逃げるな

ということだと思う。

何があってもこれだけは引けない一線だ。確かに難しい。大人だって、目の前にハードルがあるとつい逃げ出したくなる。ましてや発展途上の子供たちだ。が、甘やかしてはいけない。ここで逃げることを覚えてしまえば、どこまでも逃げ続けることになってしまう。

頑張って欲しい。親も子も。ここが切所だということをわかって欲しい。私は家庭の中にまで首を突っこむことは出来ない。塾に来させてもらってはじめて私の仕事がはじめられる。